スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏祭り作品 - 2

2009. . 01
忘れないうちに残り2つ。

> Blue sky [7]

まず、投下前に曲被ったのが一点。
次に、キー数まで被って二点。

この時点ですでに\(^o^)/な状態でしたが、
譜面までは被っていなかったし、夏祭り前には完成していたので提出した作品です。

曲の出だしを聴いてから、これは32分を使おうということになったものの、
後半(終盤)は音がやや弱かったので32分は使わずに行きました。
段々元に戻るような感じに。

中盤は両方取っても特に難易度上がらないだろうということで両方です。
途中で左右の役割が交代。

にしても、飛び入り直前まで32分の場所を間違えたりと、
相変わらずな状況には変わりありませんでしたと/(^o^)\


> Lord of War [7]
ここまで簡単なのが無かったので作ってみました。
これが本当の飛び入り作品。

[ 7key / Normal ]
後に作った譜面です。
Hardと違ってフリーズアローの量も多く(と言っても少なめには違いない)、
譜面もいつもより右向けに、
キーも突然両端に移動するようなものは少なくしています。

もう少しアクセントがあっても良かった気もしますが、
Hardを作った後だったというのもありこの難易度に。
似た難易度でも、ピクニック(Normal)とはひどい違いです(難易度6


[ 7key / Hard ]
普段フリーズアロー使いそうだなというところに16分を置くことで
勢いを持たせた譜面です。
曲の音だけ追いかけると16分あるところはすっ飛ばして
無いところに16分を置くという、
逆のことをしているような気もしますがこれはこれでありかなあと。

盛り上げるところは盛り上げて、そうでもないところは
片手ずつなどちょっとした波も用意して。
打ちやすさは考えてますが、
両手前提なのでどちらか一方でも難があると一気に来るのは
いつも通りというかなんというか。

飛び入りですが、個人的には気に入っている作品です。


---------------

夏祭り作品をすべてプレイしているわけではないので
一概には言えないし、個人的な見方として取って頂ければいいですが。

気付いた点があるとすれば。
今回は長い曲が多かったですが、繰り返しがうまく使われていたように思います。
自分の譜面の場合、パターンは似通ってますが
完全な繰り返しというのはほとんどなく作っています。
言うなら、初めのうちにリズム or パターンを軽くつかんで慣れさせておいて、
後でそのリズム or パターンを利用する感じでしょうか。

繰り返しを使ったのはそれこそ自分の譜面ではRE:RAVEくらいなので。
曲にもよりますがその辺りも考えてみようかなと思いました。


今回11keyは提出しませんでしたが、
やりようによっては11keyもいろんなことができるので
今後も作っていく予定です。
17keyは今回試しに作りましたがまだ早いっぽいですね。
次に作るとしたら11key/11Lkeyがもう少し増えてからになりそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。