スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ParaFlaソース ver fd3.4.0

2009. . 05
7key祭のブログでは基本的に
何を書いてもいいことにはなってるんですが、
ソース関連だけはここに。

7key祭のブログはいろいろ裏話でも
書けたらいいなあと思っていたりします。
何かネタ等ありましたら向こうのブログのコメントまで。
http://7festa09.blog79.fc2.com/

さて、本題へ。
バージョンが繰り上がっているので、
修正方法というより新機能の紹介を主に。

> swfサイズを「400x400」に変更
さりげないですが、地味に重要なことです。
swfサイズが変わると言うことは、htmlタグも微妙に変わってきますからね。

embedタグを使っている方は、width="400" height="400"に変えておいて下さい。
objectタグでも似たようなところがあるので、同じように。

プロジェクトのプロパティから縦サイズは自由に変えられるので、
縦(height)については自分が設定したサイズにすればOKです。

> ASファイルの分割
普段弄る必要のないAS類を別ファイルへ。

ASファイルはテキストで編集できます。
Notepad++あたりで編集すると色分けしてくれるので見やすいです。
ちゃっかり色変化を実装しやすいように内装をちょこちょこ変えてます。

注意点ですが、pflファイル(ソース)は必ずフォルダを変えずに
同じ階層においてください。
でないとswfファイル生成時にエラーを起こします。

> フェードイン拡張
今回の更新のメインです。多分。

LUNATIC」でも使われていますが、
オプション画面でCorrectionの下に出てきた青いバーがそれです。

このバー、曲進行ゲージのようなものになっていて、
「矢印の存在する範囲」であればどこからでも途中再生できるというものです。

つまり、今まで制作者側限定で、
それも譜面ファイルを弄らないと使えなかった途中再生を、
swf上でできるようにした、ということです。
もちろん今まで通りの使い方もできます。&fade=inは不要になりました。

試しに上の作品で試してみるのもありかもしれません。

制作側としては、ドイルさんorFUJIさんのエディターだと
ワンクリックで譜面を保存できるので、
「エディターから譜面更新」→「swf上で途中再生して細かいところの微調整」→「譜面更新」
のサイクルで、swfファイルを閉じたりリロードすることなく
作業できるのでラクかなと。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alprime.blog91.fc2.com/tb.php/110-7429ca34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。