スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16000フレームの壁 - ParaFlaソース

2007. . 22
16000フレームの壁。
60fps の環境で4分20秒以上の曲を作ることになると
「フェードアウトが必要」 or 「fpsを下げる」 or 「曲をちぎってつなげる」
これらをしないといけなかった訳です。


ところが、今実験しているソースは
「曲は5分以上」「fpsが60」「曲の分割をしていない」
のにも関わらず、矢印も曲もバグっていない上、
シャッターも普通に下りるんですね・・・


アップしても特に支障なさそうだったので、テストバージョン。
なぜテストなのかというと、たまに読み込みが失敗することがあるので(汗
それでもいいという方はDLしてください。
(読み込み失敗しても曲中「BackSpace」で何とかなります)
※ 作り方が若干違うので、「Readme」は必ず読んでください

ParaFlaソース ver fd1.14.pre (テストバージョン)

テスト版なので、こうしたらうまく行ったなどと言った意見は歓迎です。
実はゲームオーバーだけがうまく行かず・・・何かいい案あります?(w

↓ 簡単に原理の説明
メインでは16000超えは無理
→ スプライト上で曲をストリーミングで流しっぱなしにする
→ 矢印は enterframe(つまり毎フレーム処理)にして
   フレームカウントを擬似的に再現(変数:frame_num)
→ 矢印を流している間、メインのフレームは常に止まったまま(音楽垂れ流し)

これにより、メインのフレーム数は増えることはなく、
一方音楽は垂れ流すのでとりあえず矢印は16000超えても流れます。
音楽は音楽側のスプライトが壊れてもシャッター下りれば止まりますし。

音楽と矢印がきちんと動作するか、というのは
実際譜面作ってチェックしないとわからないわけだけど、
テスト譜面アップした状態では、矢印が極端に遅くなるとか
そういうのはなかったので多分問題なさそうな気はします。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alprime.blog91.fc2.com/tb.php/55-d82aab46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。