スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ParaFlaソース ver fd1.14.0 - 2

2007. . 26
さて、ソース公開したのでちょっとだけ補足を。
4分半以上のソースの場合、フレームが動かないので、
途中から再生したい、調整したいときに困ることありませんか?

とりあえず、曲中再生可能なような改造の方法を。
全然難しくないです。
[ 曲中から再生する方法 ]

まず、譜面台。
ダブルクリックすると、左下にインスタンス名の欄がありますが、空ですね。
ここに「tune」と名前を入れます。もちろん半角で。

そしたら「スクリプトを編集」を押してください。

ASが出てきたでしょうか。
後ろの方は見ないで、初めの方です。5行目。
 var frame_num=10;
これの、「var」の部分を抜きます。これでここは設定完了。

次に、もう少し右ペインをスクロールさせてみましょう。
■ [ musicloop ] というラベルがあるので
その下のスプライトをダブルクリック。
今度はインスタンス名が入っているので、そのまま「スクリプトを編集」を押します。

さて、ここからです。次の部分をコピペして入れましょう。

onClipEvent(load){
  this.gotoAndPlay(10000);
  _root.tune.frame_num=10162;
}


ここで赤字に注目します。
上の赤字の10000は、実際に飛ばしたいフレーム数を表します。
下の赤字は、上の赤字の10000に162を足したものになります。
なぜ162を足すかというと、音楽が出てくる前のフレームを足す必要があるからです。

例えば、15162フレームに飛ばしたければ
上の数字を15000、下の数字を15162にします。


これで終わりです。
難点は、フリーズの長さがずれること、
ストップやスピード変化ができなくなることです。
指定フレームまでにフリーズ、スピード変化、ストップを入れなければ問題ないので、
別に途中用の譜面を出力するのもいいかもしれませんね。

指定フレームは、ローカルでやってみたところ
16000フレーム以上を指定しても問題なかったので
途中からでも問題はないはず。

ドイルさんのエディターなら、「このページを出力しない」を使うとか。
ちなみに矢印はそのままでもきちんと出るので、ズレ修正にはいいかもしれません。
と言うか後半の譜面の作りこみの方が向いているのかな、多分。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alprime.blog91.fc2.com/tb.php/58-a7158145
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。