スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オプション「Correction」

2007. . 25
オプションと言っても、これ既出な上特に影響は少ないものですが。
環境によるズレを補正するものです。
FirstNumberしか変えませんが内部的なところ弄るので一応。

_root.correction=0;  // ズレ補正なし
_root.correction=-2; // ズレ補正(-2)
こんな感じに設定します。オプション系は省略。

「precal」→「譜面計算」
function push_tune() 内、デフォルトなら Line : 130で
  _root.timeline[j][k]-=_root.set_cnt;
というのがありますので
  _root.timeline[j][k]-=_root.set_cnt-_root.correction;
と直します。これで終わり。フリーズの設定抜けてました。

そこから数行先に
  _root.ftimeline[j][k]-=_root.set_cnt;
というのがありますので(デフォルトならLine : 141)
  _root.ftimeline[j][k]-=_root.set_cnt-_root.correction;
と書き換えます。これで終わり。

環境によってどのくらい変わるかはPCによって変わるので
実装の必要性はサイトに来る人の需要に左右されるのかも。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alprime.blog91.fc2.com/tb.php/75-cf557b3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。