スポンサーサイト

--. . --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オプションの負荷 - ParaFlaソース

2007. . 05
ソースの重さとかそんな話がちょこちょこ出ているので
今のソースについてちょこちょこ書いてみます。

重さにもの凄く神経質な人を除いては、
↓のことはあまり気にする必要はありませんが。
一つずつ見ていくことにしましょうか。
個人的な認識として、
ソースの重さ=メイン時の動作の重さということにします。

デフォルト設定より
 □ 少し軽い × 重い  ■ 少し重い  - 変化無し
 ▽ 条件により少し軽くなる  ▲ 条件により少し重くなる
(と言っても、どれも気持ち程度な気が・・・)

> Speed □▽
スピードオプション。重さの影響はほとんど無く、需要も高い。
倍速を上げると矢印の出現時間が短くなるため軽くなるかも。

> Sp.Motion ■▽
スピードモーション。BoostとかBrake。
基本的にスピードの上乗せとして使われる。
座標の動きが変則だが、前もって計算したものを代入するだけ。
矢印が見えない部分はできるだけ除き、
矢印の出現時間を短くしているので思ったより重くない(はず)。

> StepArea □▽
ステップエリア。ステップゾーンの座標位置を変える。
現在Halfwayのみ。
距離がほぼ半分になるため、矢印の出現時間もほぼ半分。
つまりデフォルト設定より軽くなる。

> Scroll ■▲
スクロール。
需要は高いが、ほぼ全体に影響するオプションなので
一部オプションとの兼ね合いを考える必要がある。

> Dark □ 
ダーク。一部のオブジェクトを隠す。
オブジェクトそのものを削除したり隠すことから
動作はデフォルトより軽くなる。

> Appearance ■▽▲
透明度設定。Hidden, Suddenなど。
こちらも需要は高いが、_alphaを使う関係で負荷はかけている。
AS処理としては局所的にしか行わないためそれほどでもない?
_alphaが低い状態が続くと重くなる可能性も。

> BarDrain -
Auto関係以外は初期設定のみなので直接動作に影響しない。
Auto部分も、枠外判定は無視なのでその分緩和されているような。


という感じです。
ただこれは今配布しているソースに関してであり、
他のソースについては違っている部分もあります。
オプションの設定によっては、デフォルトにするより
変え方によって軽くなる場合もあります。


◇ (プレイ側)軽くするには
 ・ 倍速を上げる
 ・ StepAreaをHalfwayにする
   (ただしこれにするとAppearanceはShadow以外不可能に)
 ・ Darkをデフォルト以外にする

 ・ 低速のときにSp.Motionを使う
 ・ 速度変化で速くなる譜面ほど、Suddenの負荷がかかり、
   逆にHiddenは減る

↑ AS処理から見た話であり、実際に調べたわけではありません。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://alprime.blog91.fc2.com/tb.php/79-a57745d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。